上書き前のデータに復元したい!エクセルやワードファイルを復元する方法

こんにちはパソコンシェルジュ秋葉原店です。

エクセルやワードを使用していて直面するトラブルの中でよくあるものが、「データをうっかり上書き保存してしまった」「必要なデータの記載を削除してしまい、やり直そうと思ったが間違えて保存してしまった」といった、データ保存に関するトラブルです。

このようなトラブルに遭遇したとき、どうにかして上書き前のデータに復元したいと思うものですが、どのようにしたら良いのか分からない方も少なくないかと思います。そこで、このようなときに役立つエクセルやワードのファイルを復元する方法をいくつかご紹介します。

エクセルやワードファイルの復元方法

エクセルやワードファイルを上書き前のデータに復元するには、以下のような方法があります。

エクセル・ワード2010では、間違えて編集してしまい、そのまま上書き保存してしまったときや、編集したのに保存しないでそのままファイルを閉じてしまったときなどに、上書き保存前のバージョンにデータを戻したり、保存せずに終了してしまったファイルを復元したりすることができる「バージョンの管理」という機能が新しく追加されました。

 

 

エクセル2010で管理機能を使うには、事前に自動保存の設定を有効にしておく必要があります。まずは[ファイル]タブのメニューの中から[ヘルプ]の[オプション]をクリックします。

エクセルのオプションウィンドウが開いたら、左のメニューの中から[保存]をクリックします。

ブックの保存に関する設定を行う画面が開くので、そこにある[次の間隔で自動回復データを保存する]と、[保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンを残す]の2カ所にチェックが入っているかを確認してください。チェックが入っていない場合は、自動保存の設定が無効になっているので、チェックを入れて[OK]をクリックします。

ファイルに編集を加えてから指定した時間が経過すると、[ファイル]タブのメニューの中にある[情報]の[バージョン]に作成された自動回復用データが表示されます。

日時が記載されているため、戻したいバージョンのデータをクリックします。

そのバージョンのデータをエクセル上で開いて内容を確認し、問題なければ[元に戻す]をクリックします。

確認画面が出たら、[OK]をクリックしてください。

これで、元の状態のファイルを上書き保存することができます。

保存しないで終了してしまった場合は、表示されているバージョンのところに「(保存しないで終了)」という括弧書きのデータが表示されます。そのバージョンを選択すれば、保存しないで閉じてしまったときのファイルを開いて保存することも可能です。